東日本大震災|地盤改良工事[コロンブス]工法のPLG

0トップ_03.jpg
適用範囲:建物総重量6t/㎡以下の建物(木造~RC3・4階建て程度) ※N値=0でも対応可能 ※不同沈下に対して10年保証

この度の東日本大震災により被害にあわれた方々に
心よりお見舞い申し上げます。

皆様には大変ご心配をおかけいたしましたが、
幸いにも弊社は地震の直接的被害は社屋、従業員とも
受けておらず、通常の操業が可能な状態です。

一日も早い復興を心から願い、私達にできる事を全力で
取り組んで参りたいと思っております。

東日本大震災 調査報告 東日本大震災

震源:三陸沖 北緯38.0 東経142.9 深さ約24km
発生日時:2011年3月11日(金)午後2時46分頃
規模:マグニチュード(M)9.0 (国内観測後、最大級)
最大震度場所:宮城県栗原市 震度7

  地震の震央の位置を示した地図
地震の震央の位置を示した地図

PLG社屋 地震直後状況 震度6強 (社屋はコロンブス工法を採用)

社屋外観 被害無し社屋外観 被害無し

事務所内部の様子1地震直後、事務所内部の様子1

事務所内部の様子2事務所内部の様子2

事務所内部の様子3事務所内部の様子3

〈周辺建物と比較〉

書類の飛散や軽い書庫は倒れたが、外壁や内部の塗り壁の割れも無く、
建物の損傷は全くなかった。
周辺は、建物の損壊、倒壊、瓦の飛散、道路の陥没、マンホールの浮き上がりがあった。
藤沼湖(人造ダム)が決壊し、周辺建物を押し流したほど、激しい揺れだった。
PLG社屋に対する地震の影響はコロンブス工法によりかなり軽減されている。

PLG社屋周辺 

調査日時:2011年3月28日

周辺配置図周辺配置図

コロンブス採用 K様邸コロンブス採用 K様邸

①2件隣の住宅①2件隣の住宅 大谷石の塀も倒壊

【お施主様(K様)から聞取り】
大きい揺れだったが、ゆっくりとした揺れに感じた。
置物や植木は倒れた。食器が若干落ちた。冷蔵庫も少し移動した。
室内塗り壁の開口部へ若干のひび割れがあった。
瓦は1枚も落ちることはなかった。外壁もクラックなし。

①社屋隣の住宅①社屋隣の住宅

②倒壊した家屋②倒壊した家屋

③外壁が崩落した家屋③外壁が崩落した家屋

④道路陥没④道路陥没

⑤倒壊した蔵⑤倒壊した蔵

⑥倒壊した家屋⑥倒壊した家屋

福島県いわき市方面 震度6弱

調査日時:2011年3月25日

調査地域図調査地域図

震災・津波被害状況

【大地震により引き起こされた大津波による甚大な被害】

津波被害1
津波被害2
津波被害3

JAいわき中部泉支店事務所(2009.12コロンブス工法施工)

職員へ聞き取り

   大きな揺れだったが、一般の住宅と比べ揺れは少なくなっていたのではないだろうか。
   入角のクロスにしわがよった程度で済んだ。

JAいわき外観状況
【外観状況】

調査時問題なく稼働していた。
建物の外壁、基礎へクラックはない。
開口のガラスの割れなどもなかった。
問題ないことが確認できた。



JAいわき周辺
     【周辺の確認】

     周辺道路は亀裂などがあり、
     近隣ブロック塀は倒壊していた。

グループホームつどい「いわき」(2005.7コロンブス工法施工)

職員へ聞き取り

   2階の窓が2ヶ所閉まらなくなった。
   屋上の室外機が動いたため、暖房が入らなくなった。
   他は問題ない。
グループホームつどい外観状況
【外観状況】

建物周囲の地盤沈下が見られ、
玄関入り口とアスファルトの取り合いのタイルは破損していた。
建物の外壁、基礎へクラックはない。
問題ないことが確認できた。



グループホームつどい擁壁
     【擁壁】

     擁壁へ対する土圧軽減となっているため、
     擁壁の傾き、暴れなどない。
     周辺道路は亀裂などがあった。

ダイソー常磐店(2004.10コロンブス工法施工)

従業員へ聞き取り

   店舗は、物流のストップにより営業していなかった。


ダイソー常磐店外観状況
【外観状況】

建物外壁の亀裂、基礎へクラックもない。
店舗内部の棚や荷物の荷崩れは少ない。
周辺地盤へ追従し沈下しているため、
配管の露出、はずれなども見られない。



グループホームつどい擁壁
     【店内入り口】

     入り口のタイルは破損。
     アスファルト間に隙間ができた。
     近隣の地盤は大きな亀裂。
     河川の方向へ移動、沈下していた。



杭基礎と比較
【杭で施工された建物と比較】

隣の店舗ほ杭支持のため、抜き上がり
(150mm)が見られ、配管が寸断した。

指定障害者支援施設『はまなす荘』(2010.6コロンブス工法施工)

職員へ聞き取り

   体感は大きな台に乗り、ゆっくりゆれている感じだった。
   施設長の集まりで、コロンブス工法を採用していない建物と比べ、
   震度で1程度低減の効果があるのでは、という話が出た。
   他の施設(コロンブスを採用していない)はクラックなど大きな被害がでた。

はまなす荘外観

  【外観状況】

   建物外壁へ亀裂、基礎へクラックもない。
   施工会社の監督は、基礎へクラックが入っていないことを驚いていた。
   施工時、床付面の地盤が超軟弱の為、設計・建設会社から心配だと話が出ていたが、
   地震の影響は全く無く、コロンブス工法の安全性が証明された。



グループホームつどい擁壁
     【浄化槽】地盤対策無し

     浄化槽まわりが大きく沈下、
     浄化槽本体の浮き上がりがあった。
     周辺の地盤に亀裂がみられた。

福島県須賀川市内 被害状況

調査日時:2011年3月31日

【周辺配置図】福島県須賀川市周辺配置図


①須賀川市役所①須賀川市役所柱脚の座屈破壊①柱脚の座屈破壊②柱脚の座屈破壊

②倒壊した書店②倒壊した書店
③倒壊した書店とビル③倒壊した書店とビル
③倒壊したビル③倒壊したビル
④倒壊したホテル 構造クラック④倒壊したホテル 構造クラック
⑤危険判定の福祉ビル⑤危険判定の福祉ビル
⑤危険判定の福祉ビル⑤危険判定の福祉ビル
⑥危険判定の銀行⑥危険判定の銀行
⑥倒壊防止のため、ジャッキ補強⑥倒壊防止のため、ジャッキ補強
⑦倒壊したホテル⑦倒壊したホテル
⑧倒壊した蔵⑧倒壊した蔵
⑨倒壊した鳥居⑨倒壊した鳥居
⑨倒壊した石灯篭⑨倒壊した石灯篭

福島県鏡石町周辺 被害状況

調査日時:2011年3月31日

周辺配置図周辺配置図
県南地区地図県南地区地図


①写真1鏡石駅周辺のボーリングデータ鏡石駅周辺のボーリングデータ
①写真2①写真3

①液状化により道路が波打ち・建物は沈下

②写真1②擁壁が崩壊し建物が不同沈下
②写真2       
③写真1③地割れ
③写真2    
④写真1④地滑り
④写真2